Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

EAの選び方から最適なロット数の決め方まで

スポンサーリンク

 自動売買でお金が増えだした。一つ気付いたというか、感動したことがある。僕なら絶対にトレードしない時間帯にもトレードしてくれること。主にロンドン時間がメインのトレードだったので明け方とかにやってくれてお金を増やしてくれるとはなんと素晴らしいことか。EAに興味を持って色々調べてみたんだが、EAはリスク管理と、複数の組み合わせが肝心だということ。

EAについて

自動売買でも月に1000pips近くも、めちゃくちゃに勝てている人がいる。本気でやろうと思ったら自作するしかないだろう。EAの選び方とリスク管理について書いていく。

EAの選び方

EAの選び方はポイントが2つ。
・フォワードテストで右肩上がりになっているものを選ぶ
・実際に勝てているものを選ぶ

この二つだけ。細かく言えば、もっといろいろ基準はある。
例えば、勝率が高く小さな売買を繰り返してくれるようなロジックだと、証拠金も縛られないし、小さなジグザグで安定して右肩上がりの収益となってくれるので、当然使いやすい。反対にスイングで勝率40%で大きく勝つなんてのは、証拠金は縛られるし、ドローダウンも大きいし、売買回数は少ないしで、大きな金額を賭けにくい。
しかしどちらがいいとか悪いではない。EAは万能ではないので得手不得手、勝てる時期、負ける時期があって、実際に勝てるEAで複数組み合わせることが大事になってくる。結局はそれが一番安定する。
期待値がプラスか否か。それだけ。

リスク管理

どれぐらいのレバレッジをかければいいのかが全く分からなくて色々なサイトを見て調べた。複雑な計算方法がたくさんあって、耳から煙が出そうになった。そこで一番シンプルなのを見つけてきた。
最大ドローダウン×1.5倍+証拠金基本はこれぐらいの額で運用する。証拠金のレバレッジは10~20倍ほどの間でEAによって変える。レバレッジを上げると年間の利回りは大きくなるが、ドローダウンも大きくなる。こういうサイトで正しいlot数に調べておく方が良い。

EAの自作

人が作ったものを使うというのは、その仕様が完全に理解できていないという点で不安が残る。本気でやるなら自作したい。できるだけ自分の手法に近いシステムを再現してみたいので時間ができたら自分でもシステム開発に取り組んでみよう。そのために必要な本を上ておく。

自動売買
スポンサーリンク
FXトレードブログ