Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

チャートポイントを活かす 4

スポンサーリンク


昨日のユーロドルの5分足です。前回高値、安値は常にチャートポイントになります。ラウンドナンバーである前回高値が意識されて、超えることができずに綺麗なダブルトップになりました。入門書にはダブルトップはショートでダブルボトムはロングと書かれていますが、今回はショートした方がよかったのでしょうか。

 


4時間足で見てみます。黄色で囲った辺りですので局所の保ち合いですね。30分足等で確認してもレンジです。

 


「レンジ上限だから売れる」とも考えられないこともないですが、トレンドは上昇傾向にあると考える方が自然です。

 


上昇傾向ということはレンジを抜けるのを待った方がよさそう。抜けた後に少し押すのを待って勢いがあるのを確認してエントリー。

チャートポイントにきたからすぐに決め付けエントリーするのではなくて、環境認識をして動きを見極める。そうすることでリスクリワード比が良好で勝率の高いトレードができる。

最初にMAがチャートポイントになることについて書き、今回は前回高値や安値がチャートポイントになることについて書いた。各時間足のMAやトレンドライン、水平ラインを総合的に見て、次の動きを見極めないといけない。チャートポイントは複数あるのでどれが優先されるか、どれを使えばいいか疑問に思った人もいるかもしれない。その感覚は非常に正しい。僕もそうだったから。疑問が浮かんだということは一歩前進したということなので、疑問を解消して自分の中で納得できるぐらいに、過去チャートと向き合えばいい。

実際に水平ラインとMAを使ってトレードした場所を解説したのが次の記事。

 

一年で1億円に到達するために必要なもの

手法。特にPFと勝率が高い手法、まずはこれが絶対的に必要。勝率は9割欲しい。手法ってどれも普通に使えば勝率7割ぐらいなんだよね。トレーダーによって取捨選択されることによって9割まで引き上げられる。

パリス昼豚さんは勝率100%近いし、ビクトリーメソッドアドバンスの佐野さんもほとんど勝っていて負けたところはほとんど見たことがない。スーパースキャルピング225の伊藤さんも勝率が高い。手法を使いこなすことで高い勝率を維持して金を残せる。短期間でドカンと金を増やすには高い勝率が必須。

しかし手法だけでは勝てない。手法は武器。いきなり武器を渡されて戦えと言われても戦えない。戦って勝つには経験と戦術が必要でしょう。
ここでいう戦術は環境認識。環境認識は一朝一夕ではできるようにならないが、普通に努力して経験と戦術と武器が揃ったら普通に勝てる。

もう一度書くけどまずは手法。勝率5割とか話にならんし、資産推移が上下にぐわんぐわん振れるなるなんて以ての外。デモをやるのも時期尚早。

 


資産推移のイメージ図なんだけど、このような青線の資産推移じゃちょっとキツイ。赤線のような資産推移になるのが理想的。兼業トレーダーなら青線でも可能だけど、専業なら赤線のように増やせないと精神的にもたないでしょ。このように増やせるようになって初めてハイレバで勝負することも可能になる。

ちなみにこのグラフ、スロットの収益を記録していたときのデータをグラフにしたもの。

トレード記録
スポンサーリンク
FXトレードブログ